Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

BLOG一覧

  • 2013/09/07

    「今日はサンプル確認の日」

    02.その他の素材11.ネイチャーデコール

    画像1

    「今日はサンプル確認の日」
    ネイチャーデコールで今 計画中の「神奈川T邸」。今日は家全体を構成する主要なサンプルを図面に照らし合わせながら、確認していく打ち合わせです。外部の瓦、壁の仕上げ、床のタイルやフローリング、アクセントカラーの色見本。ネイチャーデコールではこうして、ひとつひとつ現物見本を実際、手にとってもらいながら、確認していきます。同じ家はふたつと無いので、毎回その家ごとのパーツを集めていきます。まさにオートクチュールの家ですね。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/09/06

    「うねうねした階段手すり」

    01.アイアン05.階段

     

     

    画像1

    「うねうねした階段手すり」

     
    アイアンの丸棒を鍛造で叩いて、まるで蛇が壁を歩くような、

    うねうねした階段の手すりを作りました。

     

    一点ものの手作りには無限の広がりがありますね。

     

    クスッと笑ってしまいそうな、遊び心のあるアイデアが毎日を楽しくします。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/09/05

    「ストーリーのあるフローリング」

    02.古材02.床材・フローリング07.アンティーク&ヴィンテージ

    画像1

    「ストーリーのあるフローリング」
    細かな傷や凹み、所々にラインがうっすら見えるこのフローリングは、アメリカの古材で、なんと50年以上前に体育館で使用されていたものです。巾は60ミリ前後でオーク材。汚れを落とし表面を何度もプレーナー掛けしワックスで磨き上げて完成!もともと体育館で使われてたものなので、かなり丈夫な材料で床暖房と一緒に使用しています。この味わいは、アンティークフィニッシュでは再現できない歴史と風合いを感じます。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/09/04

    「エントランスゲートにインパクトを」

    01.アイアン02.古材05.外観05.玄関・アプローチ

     

     

    画像1

    「エントランスゲートにインパクトを」

     
    存在感のある大きな古材を組んでエントランスゲートにインパクトをもたせた家。

     
    さらにオリジナルのアイアン門扉をデザインし、

    白壁のモダンな外観に異素材を組み合わせることで、

    象徴的な家の構えを作りました。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2013/09/03

    「白のコントラスト」

    02.古材02.左官04.ナチュラルスタイル05.ダイニング08.カラーリング(色について)

    画像1

    「白のコントラスト」
    シンプルな白をベースに、様々な素材の白のコントラストを楽しむインテリアはよく行う手法です。このダイニングでは、白い漆喰で壁、天井を仕上げタイルやフローリング、天井の古材の梁などトータルに白を使い、白のコントラストを表現しています。8年前の事例からの紹介です。

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop