Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

20.『アトリエ併用のペット共生住宅』一覧

  • 2018/11/26

    「祝上棟!アトリエ併用ペット共生住宅」

    00.現場20.『アトリエ併用のペット共生住宅』20.『仕事場併用のペット共生住宅』

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    先日は柏市で上棟式が行われました。

     

    ご夫婦と3匹のネコの居るペット共生住宅になります。

    家創りのスタートはいつものように、細かな「家つくりカルテ」を書いてもらい、

    色々な好きな画像を用意してもらうところから、設計がはじまります。

     

    このお宅で特に印象的だった事が、各部屋ごとの希望の後に、必ず

    ご夫婦の「こうやって過ごしたい」という項目が用意されていて、

    リビングでもダイニングでもそこでやりたいことや、

    細かな生活シーンのディティールをイメージされていたことです。

    そして言葉だけでなくビジュアルでもしっかり伝わる様にまとめてくれていました。

     

    すでにこうしたい!ということが明確に整理されていて、とても感心させられました。

    そして、真剣に家創りと向き合い、それを楽しんでいるご様子が覗えました。

     

     

     

    松本.1

     

    スケッチ-6(アトリエ)

    そんな生活のディテールの中で大切になってくるのが、奥さんのアトリエ。

    自宅で皮革小物のデザイン、制作、販売をされていて、

    そのアトリエ空間にはとてもこだわりをもたれていました。

    要望から、出来上がったデザインがこんな部屋になります。

     

     

     

     

    スケッチ-5(Sunroom)

    そして、グリーンやガーデンで緑に囲まれて暮らしたい、という事から、

    リビングと繋がり、庭にも繋がる中間ゾーンにサンルームを設けました。

    「天気の良い日はサンルームでネコに日向ぼっこをさせてあげたい、

    休みの日は、植物と風を感じながら、イスに座ってのんびりお茶をしたり、

    夕涼みで一服したり、お酒を飲んだりしたい」

     

    なんか、このデザインからも生活の一コマが見えてきますね〜

     

     

     

     

     

    松本.3

     

    松本.4

     

    松本.2

    長〜い下屋が特徴の外観デザインですが、

    しっかりとした、骨組みが表れ、いつもの信頼おける棟梁がこれからこの家を

    形にしていってくれます。

     

     

    家創りは、一生一度の大きなイベント!

    絶対に、楽しんだもの勝ちです!

    自分たち家族の将来の生活シーンをイメージしながら、ワクワクして進めていければ、

    家創りの半分は成功したようなものだと、最近よく感じます。

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop