Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

02.床材・モールテックス一覧

  • 2017/07/27

    「モールテックスで仕上げたパウダールーム」

    02.モールテックス02.床材・モールテックス05.パウダールーム20.『コンフォータブル・リゾートの家』

     

    そろそろ引き渡し間際の千葉県、習志野市で進めているお家。

    この家のパウダールームは「モールテックス」を随所に使用しています。

    このブログでも、「モールテックス」の利点は何度かお話ししていますが、

    その独特な風合いが、今とてもお気に入りのマテリアルのひとつです。

     

     

    モール.1

    階段吹き抜けの地層壁のドアを開けて、2階にあるパウダールームへ。

     

     

     

    モール.2

    パウダールームの天板、それに繋がる壁、そして床の一部が「モールテックス」の

    仕上げで統一されています。

    そして隣のバスルームも、「モールテックス」の壁、チーク材の天井で、

    トーメーガラスを通してパウダールームと同一素材で繋がっています。

     

     

     

     

     

    モール.3

    「モールテックス」の天板に白で染色された古材の太いミラーフレームが

    よく似合ってますね。

     

     

     

     

    モール.4

    壁部分の「モールテックス」

    水廻りに特に強い素材なので、パウダールームやバスルームの壁には最適。

    この独特なムラ感が何とも言えず、良い風合いです。

     

     

     

     

    モール.5

    壁から少し床まで折り返し使用し、それに合わせて床には柄タイルを貼ってます。

     

     

     

     

    モール.6

     

    モール.7

    トイレの手洗い部分にも「モールテックス」を使用。

    デコラティブなミラーフレームと良い感じにマッチング!

     

     

     

     

    モール.8

    トイレの中にはこんな可愛い表示プレートも(笑)

     

    このように様々な素材とマッチング出来るのも、「モールテックス」の魅力です。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/03/28

    「色々な場所で活躍してます!」

    02.モールテックス02.左官02.床材・モールテックス20.『ボタニカル・ライフ』

     

    最近お気に入りの万能マテリアルの「モールテックス」

     

    デザインコンクリートの塗り床は、海外の住宅事例では以前からよく目にする材料で、

    まだ日本には上陸して久しいのですが、店舗などを中心に最近では住宅などでの

    施工事例でも使われ出しています。

    ただ、まだまだ一般住宅の床として使用してる例は少ないようです。

     

    その「モールテックス」を今回完成した家では、色々な場所で使用しました。

     

     

    1. リビングの床や階段に使用

    モール.1

     

    モール.2

     

    モール.3

    このお宅では、玄関前のアプローチ〜玄関ホール、そしてリビングルーム〜階段と

    シームレスで使用しています。リビングの床では床暖房も敷設。

    クラックが出るモルタルと比べて薄い塗り厚でも、割れが出ないのが最大の魅力かも

    しれません。クラックを逃がすための化粧目地も入れる必要が無いので、

    空間の一体化が視覚的に図れます。

    写真からは分かり難いですが、これはSAND LIGHTというカラーです。

     

     

     

     

     

    2. プランター台の棚に使用

    モール.4

     

    モール.5

    これは、床と色を変えてグレー系のモールテックスで仕上げてます。

    プランター台の棚として、ここにはグリーンが陳列されます。

    防水性が良いので、直接水やりして水がかかってしまっても問題ありません。

     

     

     

     

     

    3. 玄関脇のベンチとして使用

    モール.6

     

    モール.7

    床にも使用できる強度、耐久性があるので、ベンチなどの使用でも大丈夫。

    床と同じ色・表情で玄関脇の靴を履いたり、ちょっと荷物を置いておけるようにと

    ベンチを作りました。

    ベンチには100㎜という厚みを持たせ、なかなかの存在感が出ています。

     

     

     

     

     

    モール.8

    大きな床面においては、トップコートの保護材によって汚れ防止加工をしていますので、

    神経質に汚れを気にせず、ガシガシ使えるのがノンストレスです。

     

    僕が一番好きなのは、このニュアンス。

    飽きの来ない、独特な表情と質感はどんなインテリアにもマッチしますね。

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/06/10

    「最近お気に入りの素材」

    02.モールテックス02.左官02.床材・モールテックス12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』

     

     

     

    最近お気に入りの素材を紹介します。

    これから施工するネイチャーデコールの家には色々な場面で登場してくる

    今、ちょっとマイブームは素材がこれ!

    従来、床などで仕上げていた「モルタル金鏝仕上げ」ですが、これが床のクラックや、

    なかなか色加減が難しかったりと、上手に意図通りに仕上げていく事が困難でした。

    そんな悩みを解決してくれたのが、このデザインコンクリート「MORTEX」です。

    写真.3

    写真.2写真.1先日施工したお宅の施工後の「MORTEX」の画像ですが、

    この自然なムラ具合がなんとも良い感じ。

    下地を選ばず、どのようなものにも食いつきが良く、

    1㎜程度の薄塗りを時間を置きながら何工程か繰り返し、サンダーで磨きあげ

    最後にワックスを掛け出来上がり。

    ワックスはお好みで光沢具合は選べるのですが、ワックスのテカリを加える事で、

    より、ムラ感が浮かび上がってくるので、この工程は必要です。

     

    最終工程まで入れると、4~5工程掛かりますし、日を置いて養生期間が必要に

    なるので、とても手間の掛かる材料ではありますが、この質感は他の素材では

    なかなか表現出来ない仕上がり。

     

    強度的にもコンクリートの3倍の強度がありながら、柔軟性もあるため、

    クラックが出にくく、ジョイントのないシームレスな床の仕上げが出来ます。

     

    この素材は、床に限らず、壁や天板、階段などあらゆるところに

    仕上げる事が出来、防水性能が高いため、水場での使用も可能です。

     

    イマジネーション次第で様々な用途に使えるこの素材。

    可能性を感じますね!

    まだまだコスト的には高い材料ではありますが、

    ただいまマイブームの素材のひとつです。

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop