Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

07.アンティーク&ヴィンテージ一覧

  • 2017/04/18

    「今日はお宝探しに!」

    01.ドア07.アンティーク&ヴィンテージ07.パーツその他09.マイセレクション

     

    今日は、朝から現在進行中の家に納めるアンティークのドアを見つけに、

    遠方の友人のアンティークショップまで車を走らせる。

    物色.1

    ショップのエントランスはこんな雰囲気でとても日本とは思えない佇まいです。

     

     

    物色.2

    大きな倉庫を改装したこのショップは、あるはあるは、、所狭しとドアや窓、

    フェンスなどお宝の山のようです。

     

    こういうものが大好きな自分は、もう何時間でも居れる感じです。

     

     

     

     

    そして今回巡り会えたのはこの3点のドア。

    物色.3

     

    物色.4

     

    物色.5

    どのドアも、19世紀・1850年頃のフランスはブルゴーニュ地方のものらしく、

    その時代のモノにしてはコンディションが良く、リペアを入れれば新築住宅の中でも

    一番の目玉としてインパクトが出る面構えのモノばかりです。

    これ、写真よりも現物の方が遙かに素晴らしく、ネットで検索して、、、ではなく

    やはり、自分の目で見て質感を感じて来れたのは正解です。

     

    素材はオークなどが多く、その重量は観音扉の場合だと80キロ〜100キロはあり、

    存在感に勝るとも劣らない重量物です。(笑)

     

    この年代のモノになると、古材での製作やエージングを駆使しても、

    やはりこの雰囲気を越えるものを表現出来ません。

     

    これらのドアとの出会いは大収穫でした!

    今から、ドアが取り付くのが待ち遠しく、本当に楽しみです。

     

     

     

     

     

    物色.7
    物色.6

    ここには、ドアに合わせてドアノブやヒンジ、年代物の錠なども豊富で

    ドアを決めたら今度は金物をセレクトしていきます。

    いや〜 楽しいですね、ワクワクします!

     

     

     

     

     

    物色.9

    今日は良い仕事が出来ました!

    その後は、友人のオーナー宅に招かれ夜通しワインで祝杯をあげました。(笑)

    本当にマニアックで人生をフルスロットルで楽しんでる73才現役バリバリのオーナー、

    こんなオヤジになれたらいいな〜、なんて僕の憧れの人なんです。

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/12

    「テレビは隠して、、、」

    01.ドア05.リビング05.収納06.家創りのヒント07.アンティーク&ヴィンテージ12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』

     

    リビングのテレビ、、ほとんどの方にとって、どうしても必要なモノではありますが、

    その存在感はなかなかなもので、空間の中で主張してくるのは否めません。。

     

    海外の事例などを見ると、リビングの真ん中にはドーンと暖炉などがあり、

    テレビが目立たない家、なんていうのもよく目にしますが、

    現実にはそうはいかないものですね。

     

    そこで今回は、そんなテレビの存在を感じさせることなく、

    上手にリビングに組み込んだ事例をご紹介します。

     

    テレビ.1

    テレビ.2

    こんな重厚なアンティークの扉を開けると、中にテレビが。

     

    扉を閉めてる状態では、そのアンティークの扉のインパクトが

    このリビングの大切なインテリアのエレメントとなってきます。

     

    テレビの上部に可動棚を増やしていけば、充分な収納にもなってきますね。

     

     

    このお宅、WORKSに新作事例としてアップされました。

    「ジュエリーデザイナーの家」→ http://www.nature-decor.com/works/detail104.html

    是非 ご覧下さい!

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/09/05

    「オーナーズ・ワールド」

    03.ギャラリーハウス(趣味の家)07.アンティーク&ヴィンテージ08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート09.NDオーナーのライフスタイル12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』

     

     

    江戸川区で手掛けた、住職併用住宅のリノベーション「ジュエリーデザイナーの家」

    本日、竣工撮影が行われました。

     

    細部に渡る、オーナーのこだわりが行き渡った、

    まさにオーナーズワールドが出来上がってます。

     

    その中でも、各コーナーごとにストーリー性を持たせたディスプレイが、

    ショップディスプレイの様で、目を楽しませてくれます。

     

    家全体の紹介は、近々にネイチャーデコール、ホームページのWORKSで

    見ていただけますので、今回はこの家のコーナーディスプレイを中心にご紹介します。

     

     

    関.1

    関.2

    ベッドルームのガラスケースディスプレイ。

     

    オーナーのこれが好き!という世界観が伝わってきます。

     

     

     

    関.3

    関.6

    関.5

    リビング&ダイニングのコーナーディスプレイ。

     

    何年も掛けて、コツコツ集めてきたコレクションの様です。

    お気に入りのアンティークのガラスショーケースに陳列ディスプレイしています。

     

    家具の取っ手や照明器具、つまみ類などもいつかリノベーションをする日を

    夢見て、買いそろえてきたモノ達です。

     

     

     

     

    関.4

    関.7

    これは、仕事場の一角です。

     

    ヨーロッパのクラフトマンのアトリエをイメージさせますね。

     

    こうして、長い年月を掛けて揃えてきたモノは、一貫したイメージの統一が

    もたらされ、ひとつの世界観が生まれます。

     

    この家のオーナーさんは、女性ジュエリーデザイナーで、自らのオリジナル作品を

    創り上げている人です。

    今回のリノベーションを機に、リビング&ダイニングをサロンの様にして、

    自分の製作した作品を広めていく場にしていくという構想をお考えです。

     

    特徴のある一点ものの作品なので、ショップや展示スペースで見せるより、

    自分の好きな世界観の中で、ライフスタイルも投影させながら、

    好きな人だけに、自分の作品を伝えていきたい、

    この家は、そんな新たなステージとなるようです。

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/05/24

    住職併用リノベーション 引渡し

    00.現場04.シャビーシックスタイル07.アンティーク&ヴィンテージ12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』
    「住職併用リノベーション」引渡し。
    長かったこのプロジェクトもようやく今日が引渡しとなりました。
    このブログでも何度か紹介しましたが、
    ネイチャーデコール主体でイニシアチブを取りながら進めていくいつもの形とは異なり、100%オーナーさんが「こうしたい!」をひとつひとつくみ取り、パーツや一部素材までオーナーさんの思い入れのある支給品を取り込み、それを具現化させていった、リノベーション。
    確かにここまで変則的なカタチの進め方は、なかなか他では出来ない事で、
    設計の組み立てもさる事ながら、臨機応変な施工側の能力と対応が問われる仕事でした。
    オーナーの「自分でやりたい!」という熱い思いがあれば、かなり変則的な事であっても、皆を動かす事が出切るんだなあ~とあらためて感じました。
    今日の引渡しは、空間の「器」の完成であり、
    この白いキャンバスに、オーナーセレクトのこだわりの家具やアンティーク、ディスプレイや調度品が加わり、はじめてこの空間の完成となるので、
    今回は、空間の「器」の部分の主にディテールを中心に紹介します。
    住職併用リノベーション 引渡し1
    アトリエの重厚な黒いアンティークドアから、エントランスを見る。
    住職併用リノベーション 引渡し2

    住職併用リノベーション 引渡し3

    住職併用リノベーション 引渡し4

    住職併用リノベーション 引渡し5

    エントランスホールから、階段室。

    住職併用リノベーション 引渡し6

    住職併用リノベーション 引渡し7

    住職併用リノベーション 引渡し8

    住職併用リノベーション 引渡し9

    住職併用リノベーション 引渡し10

    造作のハンドメイドキッチンまわり。

    住職併用リノベーション 引渡し11

    住職併用リノベーション 引渡し12

    まだガランとしたリビングルーム。
    生活感のあるテレビは重厚なアンティークドアの扉の裏に隠して。

    住職併用リノベーション 引渡し13

    住職併用リノベーション 引渡し14

    住職併用リノベーション 引渡し15

    アトリエの扉、エージングワークなど。

    住職併用リノベーション 引渡し16

    住職併用リノベーション 引渡し17

    引渡しなのに、このパワダールームまわりはまだ完成前で、これからフィニッシュへ。
    この家本体は、30年近く前のヘーベルハウスでした。。
    こんなカタチで、完成した今回のリノベーション。
    オーナーさんには大変喜んでいただきました!
    こだわりの家具がセッティングされた段階で、また全体を紹介させていただきますね。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2016/05/13

    「住職併用のリノベーション 追込み中!」

    00.現場07.アンティーク&ヴィンテージ12.リノベーション20.『ジュエリーデザイナーの家』

     

     

    江戸川区 「住職併用のリノベーション」もいよいよ追込み中。

    予定では、5月中旬完成でしたが、ここにきて、少し押して来ています。(汗)
    エントランスホールは、このチャーチ型のアーチとフットライトの間接照明が、上層階への期待感とスムーズな動線をアプローチしてくれてます。
    壁は漆喰で仕上げています。
    これもエントランスホール。
    この床はまだまだ仕上げ途中ですが、
    最近のネイチャーデコールのプランではちょくちょく登場してくる素材です。
    この床の仕上げまでのプロセスは、
    また単独でこのブログからお知らせしますが、
    最近自分の、一番お気に入りのマテリアルのひとつなんです。
    明かり取りに使われてる、この鋳物の
    装飾パネルは、オーナーさんの支給品。
    このお宅は、家具やドアノブ、照明器具や衛生陶器などなど、そんな支給品がそこかしこに組み込まれた家なんです。
    長さが3メートル近くあった、アンティークの扉は、この様にテレビをわざわざ隠すため、そしてインテリアのアクセントのために、サイズをこの家に合わせて詰め、更にこれからこの上に白のエージングを施して完成します。
    次回は、仕事スペースやLDKの全貌が、
    もう少しお知らせ出来ると思います。
    設計段階での打合せでは、なんと7時間以上も掛けた、ガチな打合せがなんども行われました。。
    そこまで、長期戦になる事は珍しいパターンでしたが、独自の世界観を持っておられるオーナーさん。
    なかなか、妥協が無く、本音を言わせてもらうと、正直なんども折れそうになっていた事を思い出されます。
    そんなプロセスを踏んできた家も、あと数週間で完成する、と思うとホッとする様な、寂しい様な、、
    これ、引渡しが近くなると、毎回味わう独特な感じなんです。
    オーナーの熱い思いがこもった、良いお宅になりそうです。
    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop