Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

11.ネイチャーデコール一覧

  • 2017/12/11

    「久々の台湾遠征仕事」

    00.現場11.ネイチャーデコール11.台湾ブランチ

     

    12月7日から4日間、久々の台湾遠征仕事。

    現地での新規プレゼン、進行中の現場の確認、

    引き渡しを控えたお宅のインテリアコーディネート、

    などなど盛りだくさんの4日間でした。

     

    台湾.1

    台湾.2

    台湾.3

    台湾.4

    まずは、台湾ブランチへ。

    このオフィスは私たちの台湾の仕事の拠点として、

    台湾のビジネスパートナーの為に三年前にデザインしました。

    完成当初と変わらず綺麗に使われています。

    新しいお客様との初回打合せの場としても使用される、

    ショールーム機能を兼ねたオフィスです。

    そして、可愛い猫ちゃんの新しいスタッフも増えたようです。

     

     

     

     

     

     

    台湾.5

    今回の一番の目的は、2年以上先の仕事ですがそのプレゼンテーションを行ってきました。

    うちのホームページの実例もくまなく見て頂いていて、

    とても好感触なご提案となりました。

    はじめに、「わびさび」というキーワードが先方から言い渡され、

    素材感のあるミニマムな日本の様式美が好きだという、とても日本びいきの方でした。

     

     

     

     

     

     

    台湾.6

    台湾.7

    台湾.8

    そして、旧正月に向けての完成を控えているまさに仕上げ工事真っ最中の現場チェック。

    外観もホテルのような富裕層向けマンションで、フロア面積が約100坪。

    部屋からのビューも街が一望出来る上層階。

    インテリアデザインは台湾の富裕層住宅にありがちな、きらびやかな豪華主義な

    ものではなく、質感を生かした上質でシンプルなデザインに。

    建築会社のクオリティもなかなか高くて綺麗に整った現場でした。

     

     

     

     

     

     

    台湾.9

    台湾.10

     

    オーナーからは具体的にこんなイメージで!という明確のものは無い代わりに、

    世界中を旅行して歩いてる経験の中で、オーナーが見てきたものや、

    ひとつのスタイルにとらわれない、ミクスチャーなデザイン、

    様々な家具や世界の調度品をセンス良くコーディネートされた事例を見せられ、

    そのマンションのインテリアコーディネートは一日掛けて何軒も家具ショップを巡り、

    3パターンくらいのコーディネート提案を作り上げていきます。

    大きなソファーセットなど、なかなか日本では提案出来ないようなサイズ感、

    そして予算の上限を与えられてないので、それはそれで難しいもの。。

     

     

     

     

     

     

     

    台湾.11

    台湾の事務所ではじめてやった家、いまから3年前のデザインですが、

    その家にもお呼ばれして暮らしぶりを覗かせて頂けました。

    本当にインテリアが好きなんだな〜と思うくらい、

    細部のディスプレイにもこだわり、

    その空間を綺麗に磨きあげ楽しそうに暮らされていました。

    打合せはいつもSkypeで行っているので、ご本人と直接お会いしたのは初めてでしたが、

    「いつか遊びに来てくれたらいいな〜と思っていました」そして

    「いつも台湾からブログを見ています」、、そんな事を言って頂き、本当に嬉しい限りです!

     

     

    大きな家も小さな家も色々ですが、その大小の問題ではなく、

    国を超えても繋がりをもて、なにより喜んで頂きながら、

    生活の場となる空間をご提案していけることは、デザイナーとしてかけがえのないものです。

     

     

     

     

     

     

     

    台湾.12

    ひととおりの仕事を終え、ビジネスパートナーと地元のアイリッシュBARへ。

    今後のより良い生活提案の為、この地でも少しずつですが発信していければと、

    願いを込めて。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/12/04

    「プレゼンスケッチ〜完成画像へ」

    11.ネイチャーデコール20.『海外生活経験をベースに』

     

    ここのところは、出来上がったお宅の竣工撮影が続いております。

    やはり、お引き渡し後の竣工撮影を終えて

    はじめてひとつのプロジェクトが自分の手から離れていく、

    そんなイメージです。

    そしてオーナーさんにバトンが渡され、完成した家に日々の生活を通して

    色添えをしていきながら、一軒一軒個性的な家となって歴史を重ね育まれていく。

     

    昨日の竣工撮影は、横浜市青葉区の「海外生活経験をベースに」の家。

    今年の7月にお引き渡しを終え、生活がはじまりまだ半年も経たないお宅です。

     

    今回はそのお宅の初期提案(プレゼンテーション)のスケッチと、

    実際出来上がった完成画像を並べてみました。

     

    プレゼンテーション時のスケッチは映画の台本のようなもの、

    その中に全体コンセプトを踏まえた動線の計画、空間の構成、素材イメージ、

    カラーリング、インテリアコーディネートなど基本となるものが凝縮されています。

     

    なので、初期提案のスケッチからは大きく変わることは無く、

    それを基にしながら現場の工事が進められていきます。

    ネイチャーデコールでは設計図と同じくらい重要なものになってきます。

     

     

     

    山中.エント.1

    山中.エント.2

     

     

     

     

    山中.リビング.1

     

    山中LDK

    実際に合わせて、家具や照明の微調整はありますが、テイストを大きく変える事はありません。

     

     

     

     

     

     

    山中.リビング.2

     

    山中.全体.2-2

     

     

     

     

    山中.キッチン

    山中.キッチン.2

     

     

     

     

     

    山中.パウダー

    山中.パウ.2

     

     

    プレゼンテーション時にはスケッチと一緒に「イメージコラージュ」を提出します。

    ここでは、スケッチでは掴みきれない全体の空間の雰囲気から

    水栓やタオルバーなどの細かいモノまで、各部屋ごとにコラージュしていきます。

     

    このように、家創りの核となる初期提案のコンセプトがとても大切になってきます。

     

     

    今回のお宅は、ネイチャーデコールのデザインの中でも、初期の頃から

    進めてきた王道スタイルのもの。

    自分はやはり、この感じ、、落ち着いちゃうんだな〜

     

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/09/02

    「プレゼンに至らなかった6つのケース」

    06.家創りのヒント09.想うこと11.ネイチャーデコール

     

    今回も、設計契約前の初回面談からプレゼンテーションについてのはなしです。

     

    なんの宣伝も広告も無く、ネイチャーデコールを探していただき、

    お会い出来るまでに至った方は、

    やはりなにか会うべくして会えた、、と言うようなご縁を感じます。

    なので、そんな小さな点の様な接点でお会い出来ただけでも運命と信じ、

    どんな形であっても力を発揮して、喜んでいただける、

    ライフステージを共に創りあげていきたい!

    いつもそんな想いでおります。

     

    しかし、そうは言っても人と人。

    本当のところはお会いして話しをしてみないと、なかなかわからないもの。

     

    お互いに価値観が共有出来、そこに求めているものが存在しなければ、

    これは縁が無かった、と言う以外にありません。

     

    前回のブログでは、プレゼン後の成約率は99%とお話ししましたが、

    それでは実際にプレゼンまでに至らなかった場合のケースをいくつかお話しします。

     

     

    1. 実物を全て見ないと納得して決められない。

     

    私たちはショールームやモデルハウスを持っていません。

    一軒一軒お客さんに合わせた違う顔を持つオーダーメードの場合、

    それは不可能なんです。

    全てを一から創り上げていくわけでは無いですが、

    その使い方や組みあわせ方も千差万別。

    なので、見本や現物が全て見て確認出来ないと不安と思う方は適さないと思います。

    むしろ、そこを楽しみ新しく生まれてくるものをポジティブに捉える姿勢が

    家創りをより面白くするポイントと考えます。

     

    2. 一緒に創り上げていくという事。

     

    お客さんの求める空間をそれぞれの専門家が経験と最善の選択で

    創りあげていくのがネイチャーデコールの家です。

    数十、数百という決め事の中には間違いやリスクも出てくる場合があります。

    まずはお互いの信頼関係がありきですが、そこをも共有していきながら、

    共により良い改善策を見いだしていく。

    「自分の家」の最高のゴールに向かって一緒に創り上げていくという事が大切です。

     

    3. 人が創るもの。

     

    ものや道具では無く、人が考え人が創り上げていくもの。

    当たり前のことですが、オーナーご家族の新しい家での暮らし方、

    また将来の姿を想像し、愛と想いをもって考えていきます。

    オーナーも設計者もお互いの尊重と思いやりが無くして、気持ちは通じ合いません。

    仕事だから、当たり前でしょ、、では残念ながらこちらの気持ちが動きません。

     

    4. 任せるものは任せる。

     

    もう25年以上 家創りの実績があります。

    それは自分の作品ということでは無くお客さんの希望に

    耳を傾けてきた数々の結果です。

    そんな経験の中から言える事や見える事があります。

    デザインに迷ったり予算の配分に迷ったり、、そんな時は任せる気持ちが大切。

    任せきれず、自分たちで無理に結論を出そうというのは良い結果が生まれません。

     

    5. 掛けないとならない予算がある。

     

    「家」「インテリア」「庭」がトータルにバランスが取れたのが、

    ネイチャーデコールの提案するライフステージです。

    一般的に言われる坪単価とは違う、総合的な費用を私たちは予算と言ってます。

    お金の事は包み隠さずお伝えいただき、決して無駄使いする訳では無く、

    その中でそのお客さんにとってのプライオリティを明確化しながら、

    お客さんに最適なものを提案していくのが、ネイチャーデコールの家です。

    そこには、ある程度 掛けないとならない予算があります。

     

    6. まずは「絵」を見せて。

     

    一生一度の大きな買い物。これから一生家族が住まうライフステージ。

    そんな決断をされる事は当然、迷いも多いことと思います。

    しかし請ける以上はこちらも誠心誠意、本気で取り組んでいきます。

    なので、軽い気持ちでプランしてみて、まずは「絵」を見せて、

    他も検討しながら考えてみるよ、、という方はお断りしています。

    結婚と同じで、あれもこれも浮気しているうちは、

    良いご縁は無いと思いますので。

     

    以上の6つのポイントを事前に確認しあって、いよいよプレゼンへと駒が運ばれます。

     

    この中には、独りよがりで都合の良いことを言っている様に、

    感じるものがあるかとおもいます。

    でも、実際に過去にはこれらの点を無視して進めた事での、

    行き違いやトラブルもあります。

     

    そこで「最終的には人と人とが創るもの」という原点に立ち返って、

    自分のキャラクターを通して潤滑に進めていく為のポイントを整理してみました。

     

    私の家創りは、年間に限られた軒数しか出来ません。

    また、「仕事」という枠組みの中で出来るものではなく、それを越えた部分で

    心が動かされ、かたちになっていくものです。

     

    これらのポイントは、

    縁で出会いが持てたお互いにとって、より有意義で価値のあるものにするための、

    大切な導入部分と考えております。

    逆に、この6つの点をしっかり確認し合っていけば、

    間違いなく、あなたにとっての、

    ジャストフィットなライフステージを創りあげていくことが可能です。

     

    家創り 一生に一度のことなら目一杯楽しんだもの勝ちです!

     

    さあ皆さん、僕たちと楽しいセッションをしませんか!

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/08/31

    「ネイチャーデコールのプレゼンがすべらない訳」

    06.家創りのヒント11.ネイチャーデコール

    手前味噌ではありますが、なんと新規プレゼンの成約率ほぼ99%

    それがネイチャーデコールプレゼン!

    ここ3年くらいの話しですが、、これ本当の話です。

    「細かなヒヤリング」「生活シーンをイメージした家創り」、、

    なんて、ハウスメーカーのキャッチフレーズみたいですが、

    それでは、具体的に直近のプレゼンをもとにその訳をお話しします。

    ○今回のプレゼンの家のテーマは、

    現在の建物が築50年になり老朽化が進んできたので、

    ご両親と娘さんの家族三人が住まわれるコートヤードを中心にした家を創りたい。

    海外での生活経験のあるご家族で、アンティークや美術、音楽にも造詣が深く、

    いわゆる何々風、、という型にはまった表層のスタイルではなく、

    暮らしに密着した本物指向なものに触れながら生活したい、という要望。

    ただ、好きなものも色々あり、それを自分たちでは整理しきれずイメージも的確に

    伝えられないので、それをキャッチしてもらいながら住まいも庭もインテリアも

    トータルに提案して欲しい、、

    ざっくりですが、そんなテーマが与えられました。

     

     

    そこで、こちら側が用意したプレゼンツールは、

    1.平面プラン

    2.イメージスケッチ

    3.イメージコラージュ

    4.ガーデンプラン

    5.立面&断面プラン

    6.コストプラン&見積明細書

    7.全体スケジュール

    これだけのものを、約3~4週間かけてスタッフといつものプロジェクトブレーン

    で密に練り上げ用意します。

    「一棟入魂」とはよく言ったもので、設計契約が結ばれる前から、

    その家族のライフシーンやどんな事に喜んでもらえるか

    どんなことが使い勝手良く利便性が高いか、、、

    先にいただいている

    「家創りカルテ」や要望資料、希望の画像切り抜き等を隅々なんども見返し

    家族ひとりひとりをイメージしながらプランをしていきます。
     
    1.平面プラン例

    平面プランは家創りの一番の要となる大切なもの。
    動線やゾーニング、空間の抜け、風の通り道や採光、外に広げる窓の位置など、
    各シーンにストーリー性を持たせながら計画していきます。
    平面プランには着色し実際使うフロア材がわかるように、
    そしてこの段階で家具やテレビ、観葉植物などの配置も具体的にイメージしながら
    落とし込んでいくのも僕らの平面プランの特徴です。
    プレ.1

     

     

     

    2.イメージスケッチ例

     

    インテリアや外観の絵はCGは使わずに手書きにこだわっています。

    手書きはその先の世界まで想像させることが 出来るからです。

     

    プレ.2

    こんな感じでその家の肝となるポイントを各シーン毎に

    わかりやすいスケッチを複数枚用意していきます。

     

    そして、そのプレゼンスケッチがそのままかたちになってしまう、

    それも是非見ていただきたいところです。

    そのあたりは今度、またこのブログでお知らせします。

     

     

     

    3.イメージコラージュ例

     

    このイメージコラージュも僕たちの特徴あるツールの一つです。

    一般の方でもわかりやすく画像を中心に過去の事例や洋書などから
    各部屋ごとにコラージュします。
    その中には実際に使う素材や家具、照明をはじめ
    衛生陶器やタオルバーに至るまで、具体的なメーカー名や品番なども記載し、
    空間全体のトーンから備品小物までイメージを掴みやすよう
    コラージュにまとめあげていきます。
    今回のインテリアイメージは「ビンテージ&ボヘミアン」
    まだ、他では発表していない新しいデザインスタイルの提案です。
    プレ.3
    プレ.4

     

     

     

    4.ガーデンプラン例

    これは、別のお宅の事例ですが、

    ガーデンデザイナーとのコラボレーションでガーデンスケッチと

    樹種をセレクトした ガーデンコラージュで

    かなり具体的にシーンを拡げていきます。

     

    プレ.5

    プレ.6

    インテリアスケッチもガーデンスケッチもポイントは

    そこに生活シーンがしっかり見えてくることです。

    「自分が新しい家ではどんな暮らしが出来るのか」が大切です。

     
    6.コストプラン&見積明細書例

     

    せっかくのジャストフィットな提案も「絵に描いた餅」では全く意味がありません。

    そこで諸々のデザインと同時並行で施工会社に見積明細をあげてもらいます。

    そして建築以外に掛かるすべての費用を一枚の資金計画表

    にわかりやすくまとめていきます。

    ぴったり予算通りにいかない場合は、

    「金額目標に近づけるための減額案」というものをいくつか用意し、

    ここを変更すると予算内で出来ます、

    でもデザインを気に入ってもらえたら予算も上げて下さい、

    と選択肢も見せていくようにしています。

    このコスト管理の精度が成約率を高めているひとつのポイントかもしれません。

     

     

     

    7.全体スケジュール
    それでは実際に、プレゼン後どんな流れでいつころ工事が完成するのかを

    スケジュール表で説明します。

    この時に、どのタイミングでお金の支払いが発生するかも

    わかりやすく仕事の進捗と合わせて説明します。

     

     

     

    ここにあげたプレゼンツールはネイチャーデコールの色がわかる

    特徴的なものですが、 これらに合わせて一般的な

    「役所調査報告書」や「地盤調査報告書」なども提示していきますので、

    かなりボリューム感のあるプレゼンテーション内容になってきます。

     

     

    普通はここまでやらんでしょ!

     

    このあたりは、ネイチャーデコールHP内、WORKSの「VOICE」

    (オーナーズボイス)をご覧ください。

    ほんと「すべらんな〜」、 それは、情熱的な熱いプレゼンだからでしょうね〜

    仕事だから、、、じゃ出来ません! まずは自分が、そして関わっている

    スタッフ全員がワクワクしながら考えています。

    家創りはエンターテイメント!

    一生に一度のことなら目一杯楽しんだもの勝ちです!

     

    さあ皆さん、僕たちと楽しいセッションをしませんか!
     

     

     

    ._

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2017/04/20

    「やはりこの世界観には魅了されます」

    08.アート&ディスプレイ08.インテリアコーディネート11.ネイチャーデコール

     

    SURF MAGAZINEが装いも新たに、4月10日に創刊されました。

    そしてなんとその記念すべき創刊号の表紙を飾った一枚の写真が、

    写真家でありサーファーの「芝田満之」さん。

     

    さすが、レジェンド! こういう場面には必ず登場します。

     

    本当にこの独特な世界観、水平線をまるで抽象画のごとく、

    写真に表現していく芝田さん独自の表現方法。

     

    芝田.1

     

     

     

     

     

     

    そして、この芝田満之さんの全面的な協力により、僕の本「MIND MAP」の中の

    「12の言葉」が出来上がりました。

    じぶんの言葉にどうしてもこの世界観が欲しくて、友人でもある芝田さんにお願いして

    彼の作品を使わせていただきました。

     

    芝田.2

     

    芝田.3

    今、振り返ってもこのコラボレーションは必然であり、この写真の力強さにより

    本全体を深く、魅力的にしていただきました。

    まさに感謝の一言に尽きます!

     

    以前このブログでも紹介しましたが、

    「ネイチャーデコールの家に似合うアートって?」

    http://www.nature-decor.com/blog/39156640-2/

    芝田満之さんは、このシリーズでインテリア用に作品を用意していますので、

    是非、ネイチャーデコールの家のアートとして検討してみてはいかがですか?

    シンプルな白壁に、このどこまでも続く水平線、、

    そこには、すばらしい世界が生まれます。

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop