Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

2018年9月一覧

  • 2018/09/27

    「デザインの現場から」

    00.現場09.想うこと

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    11月初旬完成に向けて、久々にこだわり満載のお店をデザインしています。

    なにがこだわり満載かというと、

    はじめてやるトライアルな仕上げや納まりが随所にある、という点。

     

    普段の進め方として、一般的にはいままで作ってきた事例やデザインを中心に、

    オーナーさんからオーダーをいただき、この家のこんな素材や全体のデザインで、、

    ということで、なかなか新しいことに挑戦することができないもの。

     

    私たち作り手側も、そうした要望を明確にいただくことで、

    失敗のない安定した仕上がり、というものも出来てきます。

    一方でこれがルーチンになってしまうと、

    モノ作り本来の、挑戦して新しいモノを生み出していく、というワクワク感からは

    どんどん離れた仕事になっていきます。

    ものの大小にかかわらず、ちょっとした素材の新しい試み、

    今まで試したことのない、コーディネートや空間の構成、こうした何か一つでも

    トライアルが許される仕事は、新しい可能性の扉を開く事が出来ます。

     

    今回このお店の出来上がりをはじめて見た人は、

    今までのネイチャーデコールの仕事とはあきらかに異なるモノを感じるでしょう。

    しかし、今までの経験の上にその延長線上にあることには変わりありません。

    よくオーナーさんに、「無いモノは創りましょう」、そんなことを言いますが、

    カタログやショールームなどであるものを見て決めていく、モノ作りではなく

    オリジナリティを表現していく過程には、失敗を恐れないトライアンドエラーの

    繰り返し以外に創作的なものは出来ないんだと思います。

     

    そして、その過程の中で特に大切になっていくことは、

    デザインをして、図面を描いて終わり、ではなく作っていく現場に積極的に入り込み

    一緒にかたちにしていく、という作業。

    デスクでのプランニングワークと現場仕事のバランスです。

     

     

     

    ○鉄の工房での場合

    ファサードを錆びた鉄板の壁で仕上げ、ドアもそのまま一体で錆びた鉄板、

    ドアだけは錆びた鉄板をパッチワークして表情を出してみたり、、

    それに合わせて、取手はどんな大きさでどんなデザインにしようか?

    デザインした初期プランとどんどん離れながらも、ブラッシュアップしていきます。

    現物を手に取り、目にしてみると、そんなこともよくあります。

     

    現場.2

    「どこでもドア」のようなエントランスの造作

    重厚なドアに耐えられるように、丁盤も一から製作 これも錆びさせます

     

     

    現場.3

    古鉄板をパッチワークさせる扉 まずは並べて感じを見ていく

    この錆びをこれから綺麗に酸で洗ってから新しい錆を付けていく

     

     

    現場.1

    鉄板の上に白チョークで取手のデザインを描きながら決めていく

     

     

     

     

    ○アトリエでの製作打合せ

    現場.4

     

    現場.5

    今回は「金箔」の扉に挑戦、

    純金箔(和箔)と洋箔では光の輝きがまるで違うことを知る、

    そしてその金箔にエージングをいれていく、その兼ね合いをいくつものサンプルを

    作ってもらって打合せ。

    金箔=「和」の素材、という概念を取り払い、モダンな侘びさび空間を提案。

     

     

     

    このお店には、こんな感じで沢山のオリジナル創作Worksがあります。

    そしてその創作ごとに、何軒ものアトリエや工房、倉庫をまわって打合せを重ねてきました。

     

    そもそも、自分にとってのもの作りの醍醐味ってなんだろう? 仕事ってなんだろう?

    そんなことを考えると、まさにこのような製作過程との関わりが大きな部分であること。

     

    まずは自分がワクワクすること、そしてそれが誰かの喜びや笑顔、役に立つこととなり、

    その対価としてお金をいただける。

    それが循環していければ、もうこれ以上でもこれ以下でもなく、それがベスト!

    仕事だからと言って、自分がワクワク出来ないモノは、絶対に人には響きません!

     

    これが自分のスタイルとしては一番健全でナチュラルな、仕事とお金との

    関わり方ではないか、最近こんなことを痛感します。

     

    こんな仕事のチャンスを与えてくれたオーナーさんに、なにより感謝です!

    本当に楽しんで仕事させていただいてます!

    サプライズショップの為、お店の名前等はまだ公表できませんが、

    完成はこちらのブログでお知らせします。

    お楽しみに!

     

     

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-
  • 2018/09/19

    「南青山で地鎮祭」

    00.現場03.二世帯住宅(多世帯住宅)

     

    皆さん こんにちは

    ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

     

    今日は、気持ちの良い晴天の青空のもと、南青山・骨董通りのすぐ裏手という

    好立地で地鎮祭が行われました。

    今回は、地下1階と1階部分に店舗が入り、2階〜3階を二世帯住宅の住居という内容で、

    延べ床面積は、約110坪、

    木造在来工法が多いネイチャーデコールではありますが、

    構造は、RC造(鉄筋コンクリート造)になります。

     

    もともとこの界隈に古くから住まわれていたオーナーさんで、

    まさに「終の住処」となる家を計画して欲しい、

    ということで、このプロジェクトはスタートしました。

     

    親世帯も子世帯もそれぞれ違ったイメージで、

    特に親世帯は色々な海外での生活経験が多いお母様の世界観、

    そして、アメリカはサウスウエストが大好きでサンタフェスタイルがストライクゾーンの

    お父様の世界観、子世帯においてはインダストリアルで若干味付けされた、

    ナチュラル&モダンな世界観、

    けっして大きな空間ではないのですが、皆さんそれぞれ好きな世界観を融合しながら

    インテリアデザインを本当に楽しんで計画していきました。

     

     

     

     

    南青山.1

     

    南青山.2

     

    南青山.3

     

     

    「南青山プロジェクト」完成は2019年の秋頃を予定しております。

     

    かたちが見えてくるのはまだまだ先ですが、今からとても楽しみなプロジェクトです!

     

     

     

    大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop