Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

ブログナビゲーターページへ>>

2017年11月10日一覧

  • 2017/11/10

    「ウッドデッキが完成」

    03.眺望を取り込む04.ビーチハウススタイル04.リゾートスタイル05.ガーデン&外構12.別荘20.『敷地境界線がなんと 海!』

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家にウッドデッキが完成しました。

    まだ、バスルーム前に取り付く、外部のジャクジーまわり

    のデッキは調整中ですが、全体像が見えてきました。

     

    敷地境界線ギリギリまで、

    海に面したリビング〜ラウンジ〜バスルームとかなり長い部分に

    デッキを取り付けています。

     

    デッキ.1

     

    デッキ.2

    まだ、外回りの工事は進行中で、停泊したヨットまでアクセスするための

    ゴムボートの設置スペースやバスルームから外に出ると直接入れる

    ジャクジーバスなど、これからリゾートを楽しむための仕掛けを

    作っていきます。

     

     

     

     

     

    デッキ.3

     

    デッキ.3-2

    これだけデッキが海に近づいていると気になるのが、満潮時や台風で

    海水が大丈夫か? と言うこと。

    「油壺」という場所は入り組んだ湾になっているので、

    比較的海が静かで、台風時などでも近くの相模湾沿いなどに比べても

    被害が少ない場所。

     

    上の画像が先日の台風の時のものですが、このように近くの漁船が皆

    この油壺に避難してくる、そんな場所なんです。

    それにしても、すごい交通渋滞ですね〜

    ここに、こんなに漁船が集結したのははじめて見ました。

     

     

     

     

     

     

    デッキ.4

     

    デッキ.5

    そして、海に面した開口部には、木製の大開口窓を使ってます。

    窓を全部開くと、なんと9.5メートルの大開口が外のデッキと繋がり、

    その先の海と一体になっていきます。

     

    地階部分をRC構造にしたため、それだけの大開口を可能にしました!

     

    「敷地境界線がなんと海!」の家。

    あと少しで、全貌が見えてきます、お楽しみに。

     

     

     

     

     

     

    • WORKS -事例紹介-
    • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop