Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

「鴨川っ!」

2017/06/0300.現場09.大浦比呂志 LIFE20.『高台に住む、週末CAFE』

 

千葉の鴨川で進めているプロジェクト「高台に住む、週末カフェ」の家。

現場の進捗確認と打合せのため早朝からアクアラインで向かいました。

 

鴨川.1

んん〜、この景色。やはりこの現場に来ると気分も上がります!

また、当日は爽やかな青空で気持ちの良い日。

 

 

 

鴨川.2

 

鴨川.3

現場では外壁面のタイベックシートが張られ、窓が全部取り付いている状態です。

今回は、はじめてお願いする施工業者さんですが、

設計の意図をくみ取ってもらいながら、とても丁寧で綺麗な仕事をしていただいてます。

 

 

 

 

鴨川.4

これはカフェ部分のデッキテラスに繋がる窓ですが、

ここからもこんな景色が切り取られます。

 

確かに景色は良いのですが、地元の施工業者さんのお話しでは、とにかくこのエリア

都会では目にしない虫やサイズも大ぶりなものも多く、その対策も考えておかないと、、

との提案。

そこで玄関ドアなどの上がり框も通常より高く取ったり、ドアの下に隙間を無くす

ゴムを取り付けたりと、外に繋がる開口部の下側処理について細かく話しをしてきました。

 

本当は季節の良い時期などは窓も全開にして、外の風を感じたいのですが、

なかなか理想通りにはいかないようです。。

 

 

そんな感じで現場を後にして、さ〜! 明日はお休み。

車にはボードを積んできたのでこれから波を探しに走ります。

千葉南はコンスタンスに波のあるエリアとしても有名で、

特に鴨川エリアはサーフィンの歴史も古いところで、施設も整ってます。

 

 

鴨川.5

まずは、鴨川のポイントをチェック!

しかし、、、こんなときに限って鴨川エリアは写真の通りフラット!

まるで湖。。

普段はロングボードにとって、メローで良い波がたつこのポイントも今日はまるでダメ。

早速波情報をチェックしても、夕方〜明朝に掛けてもあまり変化が期待できそうにない。

 

そこで、さらに南下して千倉方面に向かう。

鴨川からは約30キロくらい。

 

 

 

鴨川.6

夕方、6時くらいに千倉ポイント到着。

まあ〜、良い感じの波! そして海には5人くらいしか入ってなく、

この波をほぼ独占状態で楽しんでました。大正解でした!

さすがに今からだと1ラウンドきつそうだったので、楽しみは明朝にまわし宿へ向かう。

 

 

 

鴨川.7

 

鴨川.8

この宿、3年前にも一度利用した宿だけど、完全なサーファー仕様で、

至れり尽くせりの環境、そしてビーチは目の前で歩いてすぐに海に出れる宿。

ラッキーなことに当日チェックで空いていました!

部屋からは波の音も聞こえ、これサイコーな場ですね。

 

明朝は予報通り丁度良い波がヒットして、朝の5時から入水、5時間ぶっ通しで

楽しめました〜!

 

やはり、この鴨川の現場、、自然と足が向いてしまいそうです。(笑)

 

 

  • WORKS -事例紹介-
  • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop