Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

「我が家にサンディが来た!」

2017/05/2503.ペットと暮らす09.大浦比呂志 LIFE

 

新しい家族の仲間入りをした「サンディ」です。

サンディ.1

「サンディ」はラブラドールレトリバーのイエローでメス。

丁度、4ヶ月になります。

いままで、訓練士さんのところで簡単なしつけをトレーニングしてきて、

定期的にこちらからも出向き一緒にトレーニングを受けてきました。

むしろ、飼い主側のトレーニング、、というところでしょうか。

我が家も、この仔で三匹目のレトリバーになり、それなりに犬の気持ちもわかるつもりですが

そうは言ってもやはりここは大型犬、この時期のしつけはとても重要になってきます。

そんなトレーニングを無事に終え??? ようやく今日から家族の仲間入りをしました。

「サンディ」の名前の由来、、、この流れでもうお分かりの方もいそうですが、

我が家の三匹目のわんこだから「サンディ」となりました。(笑)

ちなみに、先住犬の黒ラブの「ニコル」は、二匹目のわんこだから「ニコル」、、、

名前だけ聞くと、なんかオシャレ〜な名前ですが、実はそんなもんです。。

 

 

 

 

 

サンディ.2

はじめて家に入る前に、この日の記念にメキシカンタイルのベンチの上で、

先住犬の「ニコル」と一緒に。

サンディはまだニコルの半分もないくらいの大きさ。かわいいサイズ。

 

僕は犬と言えばオスの方がかわいいし、イエローより黒ラブの仔を!と主張してきましたが

「ビリー」の後の仔は、絶対にイエローでメス!と決めていた家の奥さんに

結局 押し切られました。

でも、こんな感じに並んでる奴らを見ると、なんか明るくて、、正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

サンディ.3

 

サンディ.4

 

サンディ.5

とにかくこの時期はどんな事にも興味があって、家に居ても落ちつきません。

家を運動場のごとく走り回り、ニコルにはいつも遊んで、遊んで〜と絡みまくり、

環境も変わって、トイレの成功率も冷や冷や、、

ビリーやニコルの子供の頃を思い出します。

ハイパードッグ! 「かわいい悪魔」そんな言葉がぴったりですね(汗)

 

あの、いままで数ヶ月のトレーニングはいったい、、(汗)

すでに、なし崩しのにおいすらしてきますが。

 

 

 

 

 

 

サンディ.7

さんざん、飛び回って遊んだ後はニコルを枕にして、こんな感じで寝てしまった。

なかなか図太い奴です。

 

僕たちはと言うと、11時前には就寝、そして明け方の3時には起こされ、

朝の5時から動き出す、、そんな感じではじまりました。

完全なる寝不足、そしてしばらくこのペースは続くことでしょう。

 

 

 

 

 

サンディ.6

こんな感じに一日目にしてすっかり我が家に馴染んでいる「サンディ」

 

先住犬の「ニコル」もオスだけど、縄張りを主張することなく、

11才のもう若くない身体で一生懸命お相手してくれてます。優しい仔で良かった。

 

 

 

新規ご来客のお客様や、これから我が家で打合せをされる方々にとっては、

しばらくの間にぎやかで、またお見苦しいところが多々あるかと思い、

なにかとご迷惑をお掛けしてしまいますが、どうかよろしくおねがい致します。

 

 

 

 

 

  • WORKS -事例紹介-
  • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop