Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

「住・職にわたってお手伝い」

2018/04/2800.現場09.NDのオーナーさん20.『海外のドラマをヒントに』の家

 

皆さん こんにちは

ネイチャーデコールの大浦比呂志です。

 

以前、こちらのブログ → http://www.nature-decor.com/blog/「住職に渡ってお手伝い、、」/

 

でもお話ししましたが、

ご実家の医院を継ぐために実家に戻ることとなり、そのタイミングで親子四世代

が住まう家として2016年2月に大型リノベーションをしたお宅が、

今度は、その医院をリノベーションしたい、ということでまたまたお声かけいただき、

現在その改装工事の真っ最中です。

 

この地で代々営まれてきた医院も老朽化し、それを引き継ぐ事となった娘さんの代で

イメージも新たに再出発。

花と緑に包まれた、外に開いたカフェの様な医院を作りたい、

そんな希望でデザイン計画はスタートしました。

 

 

 

関.1

今回は外にデッキスペースを設けたり、

以前自宅のリノベーションの時はガーデン工事までは出来なかったので、

初期段階からパートナーの軽井沢、ガーデンアンドファニチャーズ長谷川さんにも

参画してもらい季節の花や、植栽も随所に提案してもらってます。

 

 

 

 

 

しかし、長い工事の期間中医院の営業を休むわけにはいかないので、自宅の一角に

仮診療所のスペースをつくり、通常通り診療は行っております。

関.2

裏口から入り、自宅の中庭を入口に。

季節も良いし、なんかいつもと違ってイベント的です。

 

 

 

 

関.3

関.4

リノベーションした自宅の一角も、こんな感じに診察室として

使用されています。

明るいサンルームのある診察室、なんていうのもなかなか良いものですね〜

 

 

 

 

 

関.5

そして、待合コーナーには次の医院のイメージスケッチが貼られていました。

 

地域の人達も、新しくなる医院を楽しみにしているようです。

 

いままで長い間使われてきたサインも、

ロゴデザインから一新し内装も外装もトータルで新しく生まれ変わります。

 

医院の完成は6月の予定で、現在着々と進行中です。

 

 

大浦比呂志(ネイチャーデコール主宰)

 

 

 

 

  • WORKS -事例紹介-
  • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop