Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

「プレゼンスケッチ〜完成画像へ」

2017/12/0411.ネイチャーデコール20.『海外生活経験をベースに』

 

ここのところは、出来上がったお宅の竣工撮影が続いております。

やはり、お引き渡し後の竣工撮影を終えて

はじめてひとつのプロジェクトが自分の手から離れていく、

そんなイメージです。

そしてオーナーさんにバトンが渡され、完成した家に日々の生活を通して

色添えをしていきながら、一軒一軒個性的な家となって歴史を重ね育まれていく。

 

昨日の竣工撮影は、横浜市青葉区の「海外生活経験をベースに」の家。

今年の7月にお引き渡しを終え、生活がはじまりまだ半年も経たないお宅です。

 

今回はそのお宅の初期提案(プレゼンテーション)のスケッチと、

実際出来上がった完成画像を並べてみました。

 

プレゼンテーション時のスケッチは映画の台本のようなもの、

その中に全体コンセプトを踏まえた動線の計画、空間の構成、素材イメージ、

カラーリング、インテリアコーディネートなど基本となるものが凝縮されています。

 

なので、初期提案のスケッチからは大きく変わることは無く、

それを基にしながら現場の工事が進められていきます。

ネイチャーデコールでは設計図と同じくらい重要なものになってきます。

 

 

 

山中.エント.1

山中.エント.2

 

 

 

 

山中.リビング.1

 

山中LDK

実際に合わせて、家具や照明の微調整はありますが、テイストを大きく変える事はありません。

 

 

 

 

 

 

山中.リビング.2

 

山中.全体.2-2

 

 

 

 

山中.キッチン

山中.キッチン.2

 

 

 

 

 

山中.パウダー

山中.パウ.2

 

 

プレゼンテーション時にはスケッチと一緒に「イメージコラージュ」を提出します。

ここでは、スケッチでは掴みきれない全体の空間の雰囲気から

水栓やタオルバーなどの細かいモノまで、各部屋ごとにコラージュしていきます。

 

このように、家創りの核となる初期提案のコンセプトがとても大切になってきます。

 

 

今回のお宅は、ネイチャーデコールのデザインの中でも、初期の頃から

進めてきた王道スタイルのもの。

自分はやはり、この感じ、、落ち着いちゃうんだな〜

 

 

 

 

 

 

 

  • WORKS -事例紹介-
  • FAVORITE COLLECTION -写真紹介-

最新記事


pagetop